ものづくりへの情熱を製品の精度につなげていく 製造 N.Y  2015年入社 理学研究科・化学専攻

  1. 今の仕事内容
    0.001ミリの差に挑む職人の世界

    ダイヤモンドの次に硬いといわれるCBN(立方晶窒化ホウ素)。この物質を用いてつくる工具の成形工程を担当しています。目指すのは、お客様のご要望通りの形状や粗さを実現すること。プログラムを設定した機械を使って表面を少しずつ削っていくのですが、最終的な仕上がりを決めるのは“人”です。目で見て、触って、機械の音を聞いて、気になることがあれば作業をストップして設定を微調整し、再び機械を動かす。これを何度も繰り返し、お客様が求める形に近づけていきます。中には、許容されるズレの範囲(公差)がわずか数ミクロン(0.001㎜単位)のものも。日々多くの製品を手がける中で、経験を積んでいます。

  2. 仕事のやりがい
    新たな製品と出会い、最高の仕上がりを目指していく

    この仕事の醍醐味を感じるのは、少しのズレもなく製品を仕上げることができた瞬間です。もちろん、たくさん失敗もしてきました。削りすぎて製品をダメにしてしまったり、機械を壊してしまったり…。しかし、一度失敗したことは繰り返さないよう注意し、初めての製品でも苦手意識を持たず、新たなことを学ぶチャンスととらえて主体的に動くよう心掛けるようになると、徐々に扱える製品の幅が広がっていき、仕事もどんどん面白くなっていきました。成形は、自分の手で製品に付加価値を生み出すことができるやりがいのある仕事。次にどんな製品を担当できるのか、ワクワクしています。

  3. 子供の頃から変わらない
    ものづくりへの情熱
    ものづくりにかける熱い想い

    幼い頃からものづくりが大好きでした。「ちょっと工夫をすれば、こんなものがつくれるのでは?」と家にある材料を使ってアイデアを形にしていくのが楽しくて。学生時代は半導体の研究をしていましたが、将来どんな仕事をしたいか考えた時、一つの分野に限定するのではなく、いろいろな業界や会社とのつながりの中でものづくりに携わりたいと思い当社を選びました。数多くの工程を経て出来上がるダイヤモンド工具。お客様は、この工具を使ってさまざまな部品をつくり、他の部品と組み合わせることで自動車やコンピュータなど私たちの生活に欠かせないモノが生み出されていくのです。

学生にメッセージ
学生時代の経験は大きな財産になる

視野を広げて、自分の専攻に関わらずいろいろな会社に目を向けてほしいと思います。私自身、この業界は全く未知の世界でした。しかし、「最も硬い物質であるダイヤモンドを使った工具」という存在に大きな可能性を感じて当社の説明会に参加したところ、製品が実際に使われている映像を通してそのすごさを実感。製品にも、それを生み出す会社にもさらなる魅力を感じ、ここで働きたいと思うようになりました。学生時代に培った専門知識を生かす機会は多くはありませんが、研究の効率的な進め方やレポート作成時の工夫など、学生時代の経験が役に立つ場面はたくさんあります。学業も就職活動も全力で頑張ってください!

INDEX